2010年10月30日土曜日

「マコモタケは嫌いだ」という人がいらっしゃいましたら・・

好きな人もいれば、嫌いな人もいる。どんな物にもつきまとうことなのだが、
「私はお寿司が嫌い」といった場合には

  • 生魚が苦手
  • 酸っぱいご飯が、いや
  • 寿司屋のルールが性に合わない
  • 財布に優しくない・・ (笑:

などうなずける理由がありそうなものだが、マコモ(タケ)嫌いはどうも違うようだ。たいてい、

「一度もらって食べたけどマズかった」と言う。どんな食べ方をされたのだろう?

例えばブルーチーズ。日本人は味噌や醤油のように、カビのお世話になったものが大好きな割に、青カビが目に見えているものは拒否反応を示す。
しかしそれも最初だけで、三種のチーズのピッツァ(ゴルゴンゾーラ、モッツァレラ、パルミジャーノ)など出された日には、直ぐにとりこになってしまい、次からは、もっとクセのあるのを!!とか言ってしまうよね。

だから、出会い方も良くなかったのではないかと思う。
私は、この旬の食材の食感と香り、料理の使いやすさから、”嫌い”と思っている方にとってこのまま嫌われ者として消えていってしまうような事があったら辛い。個性的だけど素直な奴 と身構えずに付き合って欲しい!そう思えてならない。

参考になれば・・と、紹介させていただく。私が過去に提供させていただいた晴れ舞台でのマコモ料理いろいろ。



是非、新鮮で食べごろなものを味わってみていただきたい。

0 件のコメント:

コメントを投稿